外国人技能実習制度について

技能実習制度とは

仲田俊一

 技能実習制度は、日本が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とした制度です。

一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、監理団体を通じて技能実習生を受け入れることができます。

入国した技能実習生は実習実施機関(受入れ企業様)と雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために最長3年間の技能実習に入ります。

受入の流れ

受入の流れ

実習期間

実習期間

受入可能人数

実習実施者の常勤職員の総数 技能実習生の人数 実習実施者の常勤職員の総数 技能実習生の人数
301人以上 常勤職員数の 20分の1 201人 ~ 300人 15人
101人 ~ 200人 10人 51人 ~ 100人 6人
41人 ~ 50人以下 5人 31人 ~ 40人 4人
30人以下 3人    

OHRが選ばれる理由

受入れ対象可能職種

お気軽にご相談下さい

アクセス

Copyright Okinwa Human Resources Cooprerative All Right Reserved.